現在のページ1/総ページ数1

【2010年4月】アーカイブ

ブリジッタが満開です!

2010年4月30日

ノーザンハイブッシュ系の「ブリジッタ」が綺麗な花をたくさん咲かせています。

ブリジッタ100426 (2).JPG

秋吉ファームガーデンでは唯一のノーザンハイブッシュ系で

受粉樹としてサザンハイブッシュ系の「ミスティ」も栽培しています。

 

「ブリジッタ」は枝の先端に花芽が集中していて、豊産生で糖度が高いのが特徴です。

収穫時期は6月下旬から7月中旬になります。

美味しい果実が収穫できるように愛情を持って管理していきます。

 

「ブリジッタ」の剪定は一通り終わり、これからはミツバチなどにより受粉されたものから果実の肥大が始まります。

 

ブルーベリー果実の肥大

2010年4月22日

気温の変化が大きく天候も安定しませんが
ブルーベリーの果実は確実に肥大しています。
果肉部は人にとっては美味しく食べる果実になりますが、
ブルーベリーにとっては種子を健全に発育させるための栄養の貯蔵庫になります。

果肉内部にある種子はおよそ1mmで果実1粒に60粒程度の種子が存在し、
この種子自体の発育の為に積極的に栄養分を引っ張り込む為に果実が肥大します。
(種子数が多い果実ほど大きく生育し、少ない果実はあまり大きくならないと言われています。)
ブルーベリー10.04.15.JPG
「シャープブルー」
 
写真の果実は大きいもので直径12mm程度です。
5月中旬~下旬には成熟し20mm程度に肥大すると思われます。
約1ヵ月後のオープンに向けて、スタッフ一同頑張っています。
 

挿し木苗の生育状況

2010年4月15日

棯小野農園では、挿し木によるブルーベリー苗の生育を行っています。

 

下の写真は昨年の夏頃に緑枝挿しをした苗です。

緑枝挿しとは春先から秋までの葉が付いた枝を挿すことをいいます。

P3080601.JPGのサムネール画像

現在の生育状況は、気温が高い日が続いたこともあり

新葉の成長が目覚ましく、最近5センチくらい伸びてきています。

この新葉がさらに成長する様に、施肥・水やり等大切に管理していきたいと思います。

防鳥ネットを張りました!

2010年4月14日

ブルーベリーはとても美味しいので人だけでなく鳥も大好きです。

「ヒヨドリ」は果実だけでなく花やその蜜も好むということで、

ブルーベリーが実る前から気をつけなければならない存在です。
そこで秋吉ファームガーデンでは鳥害対策としてネットを張ります。

防張ネットは強風や積雪で裂けてしまうので、収穫時期が過ぎれば取り外します。

 
天候にも恵まれ、予定通りにすべて張り終えることができました。

ミニトマト「あいこ」の栽培。

2010年4月 5日

ミニトマト「あいこ」を3月10日に播種しました。

種は「コート種子」なので種子傷めることなく播種できます。

種を乾かさないように注意して管理しおよそ1週間後、無事に発芽しました。

現在では双葉が開き元気に成長しています。

「あいこ」はプラム型のミニトマトで名前の由来は皇太子殿下の愛娘、愛子さまにちなんで付けられました。

 

肉厚で糖度が高く、一般的に販売されているミニトマトと比較するとリコピンが2倍も含まれ、抗酸化作用も高く美容面でも効果が期待でき、加熱調理にも向いている万能ミニトマトです。

昨年、秋吉ファームガーデンのエントランスを飾り、大好評でしたので

今年も来園者に見て食べて感動して頂ければと思います。